CONTENTS

人気ライターに「ミリオンゴッドの日」グッズをご紹介いただきました!



河原みのりさん(@minorikawahara
中武一日二膳さん(@2zen777
ひらやまんさん(@hirayaman2
みさおさん(@misao_r23

Twitterにて、人気ライター4名に「ミリオンゴッドの日」グッズをご紹介いただきました!
未公開ショットが新商品ページの中に紛れ込んでいるかも!?
気になる方はチェックしてみてね!










5/12新商品!

送料無料キャンペーンの改定に関するお知らせ

ユニバ公式Webショップ「UNI-MARKET」をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

このたびUNI-MARKETでは、現在実施しております送料無料キャンペーンの条件を下記の通り改定することになりましたのでお知らせいたします。

改定前 改定後
送料 全国一律500円 全国一律500円(変更なし)
送料無料の条件 5,000円以上のお買い上げで送料無料 7,000円以上のお買い上げで送料無料

■改定日
・2017年11月21日15:00のご注文分から対象となります。

提携している配送業者の料金改定を受け、当ショップでも送料について見直さざるをえない状況となりました。
各種コストの圧縮を実施し、送料自体については据え置くことができる見通しとなりましたが、送料無料の条件については変更させていただくことになりました。

今回の改定でお客様にご負担をおかけしてしまい誠に心苦しい限りでございますが、なにとぞご理解を賜りたく謹んでお願い申し上げる次第でございます。

今後とも「UNI-MARKET」をよろしくお願いいたします。

  • 2017.11.21
  • 14:53

「注染手拭い」ができるまで

注染(ちゅうせん)とは、生地の下から空気と染料を吸引して染みこませる、伝統的な手拭いの染色技法です。

染料を下から抜きながら染めていくので糸を傷めず布目をつぶさないため、
柔らかく自然な風合いになり、裏表がなく染まります。

職人による手染めで作られた注染手拭いは、色やぼかしなど一枚として同じものがなく、
それぞれに味わいがあり、使い込むほどに風合いを深めていきます。

型置 ( 板場 / いたば )

糊置き職人が生地を糊付台の上に敷き、型である「伊勢型紙」を生地の上に乗せ、その上からヘラで防染糊を染めない部分に付けます。この「伊勢型紙」は、専門の職人が一枚一枚手で彫ったものです。

生地は、約1mごとに糊をヘラで付けては折られ、蛇腹状に重ねられ1反に付き10~12回折り返されます。それを3~4反ずつ積み重ねていきます。

注染 ( 紺屋 / こうや )

紺屋は、染める部分のまわりに糊で土手を作り、その中にじょうろのような「やかん」で、染料を注ぎ込んで染めていきます。糊を置いた部分は染まらずに地の色が残ります。

流し込むと同時に台の足元のペダルを踏むと、コンプレッサーが下から空気と染料を吸い込みます。
このときに染料と同時に水を流しボカシを表現したり、違う色を滲ませたりして豊かなグラデーションなども表現できます。

水洗 ( 水元 / みずもと )

染めが終わると専用の水洗い場で、型置きの時の糊と余分な染料を洗い流します。

乾燥 ( 建て干し / だてぼし )

生地を十分水洗いし、脱水し天日で乾燥します。

ページトップへ